神戸医療産業都市について

平成19年度策定将来像

神戸医療産業都市の将来像~ 神戸健康科学(ライフサイエンス)振興ビジョンの策定~

構想の新たな展開を目指して平成19年3月に今後10〜20年を見据えた神戸クラスターの形成戦略やその実現に向けた取り組みなどが「神戸健康科学(ライフサイエンス)振興ビジョン」としてまとめられました。

神戸における
クラスター形成に向けた取り組み

「神戸健康科学(ライフサイエンス)振興ビジョン」では、その実現に向けた取り組みとして、一つは、臨床機能をより一層強化するため、中央市民病院の周辺に高度専門病院の集積を進める「メディカルクラスター」の形成があり、もう一つは、産学や市民参画により、市民の科学的な健康づくりを支援する「健康を楽しむまちづくり」の具体化があります。
これらを推進することで、優秀な臨床医・研究者や、研究機関・関連企業を集積させ、研究成果を市民にいち早く還元できる仕組み(「メディカルイノベーションシステム」)をつくり、医療産業都市の目的である「神戸経済の活性化」「市民の健康・福祉の向上」「国際社会への貢献」に向けて取り組んでいきます。

高度医療サービスの提供(メディカルクラスターの形成)

平成23年7月、先端医療センターに隣接して中央市民病院が完成(移転)しました。この中央市民病院の周辺にがんや移植再生医療などに特化した高度専門医療機関と優秀な臨床医を集積させ、中央市民病院と連携して、市民をはじめとする国内外の患者に対し、高度医療サービスを提供する「メディカルクラスター」の形成を図ります。

メディカルクラスターの形成

科学的な健康づくりの支援(「健康を楽しむまちづくり」の推進)

「健康をたのしむまちづくり」では、市民の科学的な健康づくりを支援するために、大学や地元企業と連携し市民の参画による取り組みを進めています。

「科学的な健康づくり」に向けた取り組み例
[神戸トライアル]日常的な健康度を指標とした都市コホート研究
生活習慣と健康の関係を調べることを目的として長期間の追跡調査を行う疫学研究を行っています。
研究説明会骨密度検査(超音波式)塩味味覚検査
研究説明会骨密度検査(超音波式)塩味味覚検査

クラスターにおけるイノベーション創出を加速する
「メディカルイノベーションシステム」

メディカルイノベーションシステム

新たな医療技術や医薬品・医療機器の開発にあたっては、基礎研究から臨床研究の間に、動物で行う前臨床試験や規制、倫理といった課題があります。
さらに起業化し、治療・予防サービスを患者に提供するためには、規制、健康保険、費用対効果、資金といった「もうひとつの課題」があります。
これらの課題を乗り越えるために、①高度医療サービスの提供、②科学的な健康づくりの支援といった機能を整備する事により、研究者と臨床医を集積させ、あわせて臨床疫学の研究を進めます。

この取り組みにより「研究者の仮説」と「臨床医のニーズ」のフィードバックを効率化し、神戸発の研究成果をいち早く、新しい治療・予防サービスとして市民に提供する「メディカルイノベーションシステム」の仕組みをつくります。

メディカルイノベーションシステム

クラスターの将来像
研究・技術開発のロードマップの提案

細胞・遺伝子治療/再生医療、医療機器、臨床試験(治療)/臨床研究支援などの研究・技術開発について、5年後、10年後のロードマップが示されています。

細胞・遺伝子治療
/再生医療
〜5年後
  • 皮膚、骨、軟骨、角膜、血管再生の高度専門病院群での臨床応用(先進医療)
〜10年後
  • 心筋、神経、膵島への再生医療の展開(先進医療)と高度専門病院群における治療
  • 臍帯血・脂肪細胞などからの血液(赤血球)・血小板の培養など
医療機器〜10年後
  • イメージング技術を活用した、患者の身体的な負担が少ない新たな治療装置・デバイスの開発
  • 海外製品の国内治験支援・事業化のスキーム作り など
臨床試験(治療)/
臨床研究支援
〜10年後
  • 臨床医、患者団体、ボランティア、企業資金助成による治験実施ネットワークの構築
  • 分子イメージング、新しい治験施設による創薬ベンチャーの創出・支援
  • コンピュータ上での生体シミュレーション・生体モデルの構築など

グランドデザインの実現にむけた誘導方策

ポートアイランド地区における誘導方策

これらの実現に向け、ポートアイランド地区に「教育エリア」「医療エリア」「研究開発エリア」を設定し、自立的なクラスター形成のために必要となる機能の集積を図ります。

グランドデザインの実現に向けての誘導方策(ポートアイランド地区)

関西全体でのライフサイエンス分野のスーパークラスター形成

関西全体でのスーパークラスター形成に向け、神戸大学・京都大学・大阪大学との連携による国際的な研究・ビジネスネットワークを構築し、研究シーズの事業化に取り組みます。

閉じる