• HOME

医療産業都市の病院紹介

世界を変えたい。そんな医療が、ここにあります。

メディカルクラスター 高度な医療の提供を目指す病院等が集結

神戸市がポートアイランドにおいて推進する『神戸医療産業都市』には、神戸市立医療センター 中央市民病院を中心に、その周辺に高度な医療の提供を目指す病院等が集積しています。
これらの医療機関が、ひとつの場所に集積・連携することにより、市民への高度な医療サービスの提供、事業者等の新たな事業機会の創出、さらには国際貢献を行うことを目指しています。

医療機関等の紹介

医療機関MAP 神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター 神戸陽子線センター 神戸アイセンター

※先端医療センター病院は、2017年10月31日をもって閉院いたしました。

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター 中央市民病院
2011年7月移転・開設 / 病床数 708床
基幹病院として、救急医療・高度医療・急性期医療を重点に担い、神戸市民の生命と健康を守る拠点病院。
http://chuo.kcho.jp/

神戸低侵襲がん医療センター

神戸低侵襲がん医療センター
2013年4月開設 / 病床数 80床
放射線治療装置による低侵襲がん治療および抗がん剤による化学療法治療の併用を基本的機能とし、切らずに治すがん医療を提供する病院。
http://www.k-mcc.net/

西記念 ポートアイランド リハビリテーション病院

西記念 ポートアイランド リハビリテーション病院
2013年4月開設 / 病床数 150床
急性期医療を提供する医療機関と連携し、急性期を脱した早期回復期リハビリテーションを提供する病院。
http://www.nmp-riha.jp/

チャイルド・ケモ・ハウス

チャイルド・ケモ・ハウス
2013年4月開設 / 病床数 19床
小児がんの患者と、その家族が快適に滞在することができる環境を目指した診療所。化学療法、緩和ケアを行う診療所 チャイルド・ケモ・クリニックを併設。
http://www.kemohouse.jp/

伊藤忠メディカルプラザ

伊藤忠メディカルプラザ
2014年10月開設
医療関係従事者の研修や、医療機器等の開発支援を行う施設。
詳細は神戸国際医療交流財団HP

兵庫県立こども病院

兵庫県立こども病院
2016年5月開設 / 病床数 290床
小児医療、周産期医療の全県拠点病院。厚生労働省指定の「小児がん拠点病院」。
http://www.hyogo-kodomo-hosp.com/

神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター

神戸大学医学部附属国際がん医療・研究センター
2017年4月開設 / 病床数 120床
がんに対する先進的外科的治療の推進、次世代医療、新規医療機器の研究・開発、国際的な医療研究ならびに教育の拠点。
http://www.med.kobe-u.ac.jp/iccrc/

神戸アイセンター

神戸アイセンター病院
2017年12月開設 / 病床数 30床
iPS 細胞を用いた世界初の臨床研究である網膜の再生医療等をいち早く実用化させるため、基礎研究から治療、リハビリテーションや生活支援までをトータルで対応する拠点です。
http://kobe.eye.center.kcho.jp/

兵庫県立粒子線医療センター附属 神戸陽子線センター

兵庫県立粒子線医療センター附属 神戸陽子線センター
2017年12月開設
小児がん患者に対し晩期合併症等の副作用が少ない陽子線治療を提供するとともに、近隣医療機関と連携し、成人のがん患者に対しても陽子線治療を提供します。
https://www.kobe-pc.jp/